サーバの監視設定をしてみた(Mackerel)

投稿者: | 2018年12月8日

こんにちは。こんばんは。おはようございます。五月雨です。

Mackerelを使ってサーバ監視を設定したのでそのメモ。

そもそもMackerelってなんですかい?


はてな(はてなブログとかやってる会社)が提供するサーバ監視サービス。

5台までなら無料で使えてプラグインも結構揃ってるなんかすごい奴。

実際に使ってみた


ユーザ登録とかは画面見ればわかるのですっ飛ばして、監視設定のお話。

なお、サインアップ語は2週間のトライアル期間、その後、無料プランに移行する。有料プランは1ホスト1800円。たぶん安い方だと思う(相場わからない)

1、監視対象にエージェントをインストール。

画像左上のエージェントをインストールって書かれている灰色のボタンをクリック。

すると、OSを選択する画面になるので自分のサーバのOSを選択する。

今回はCentOSを選択する。ちなみにCentOSを選ぶと7か6か選択する必要がある。今回は7を選択

表示されたコマンドをコピーしてSudoした状態で実行する。

するとエージェントがインストールされ監視が開始される(と同時にMackerelに登録される。)

なお、デフォルトでは接続性のみ監視されている。画像はいろいろと監視項目を追加した後である。

これで、監視設定は完了。デフォルトでは接続性しか監視していないので、
CPU使用率やメモリの使用量などを監視したい場合は監視設定を追加する必要がある。この辺は公式ヘルプに詳しく書いてあるので割愛。

では、また次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください