OCIをつかってただでゲームサーバーを用意するPart1

投稿者: | 2024年5月11日

こんばんは。五月雨です。

タイトルの通り、今回はOCI上で利用できる Always Freeリソースを使ってゲームサーバーを用意していくシリーズです。
今回はマシンの作成をします。

マシンを作成する

OCIにログイン後、左上(ORALCE Cloudと書かれているあたり)の3本線をクリックし、メニューから「コンピュート→インスタンス」の順に選択します。

クリックすると画面が移動するので、「インスタンスの作成」というボタンを押します(灰色のボタン)

ボタンを押すと、作成画面に移動します

名前をわかりやすいものに変更し、「イメージとシェイプ」の設定を変更します。

シェイプは画像のようになっていればOKです。

  • インスタンスタイプ
    • 仮想マシン
  • シェイプシリーズ
    • Ampere(赤い△のロゴの奴)
  • シェイプ
    • A1.Flex
    • OCPUが4つ、メモリーが24GB

イメージも画像のようになっていればOKです。

シェイプとイメージの設定が終わったら今度はネットワーク関係の設定です。
プライマリVNIC IPアドレスという項目の「パブリックIPv4アドレスの自動割り当て」という項目にチェックが入っていることを確認してください。(画像の青枠部分)
また、必ずSSHキーの追加という所の「秘密キーの保存」を押して秘密キーを保存してください。(黄色枠の部分)

最後に、ブートボリュームの「カスタムブートボリュームサイズを指定します」にチェックを入れ200GBに設定します。

設定が終わったら、画面一番下にある作成ボタンを押してインスタンスを作成します。

無事に作成が終わると実行中と表示されます。
ここで表示されているパブリックIPアドレスはメモしておいてください。

作成した仮想マシンにアクセスする

マシンの作成が完了したら、正しくマシンにアクセスできるか確認します。
マシンにアクセスするにはSSHという方法を使用する必要があります。

Tera Termを起動したら画像のような画面になるのでホストにあらかじめメモしておいたパブリックIPアドレスを入力し、OKを押します。
※メモしていない場合は、OCIのコンピュート→インスタンスで確認することができます。

OKを押すと以下のような表示が出てくるので「続行」を押します

そうすると画像のような画面になるので以下のようにし、OKを押します

  • ユーザ名
    • ubuntu
  • パスフレーズ
  • 認証方式
    • RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う
    • 秘密鍵の欄の右側にあるボタンを押してダウンロードした秘密キーを選びます

正しくログインされればOKです。

これでPart1は終わりです。
次回は実際にLinuxGSMを使ってサーバーを建てていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください